読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫舌人間の残念な毎日

ネガティブ主婦の日々と読書日記。

よるの美容院

よるの美容院 市川朔子 講談社

 

f:id:qxqys0612:20161122171247j:plain

幼馴染の事故を目の前で目撃したせいで、声がでなくなったまゆ子。

そのため美容院を経営するナオコ先生の所へ行くことに。

 

<登場人物>

○まゆ子…自分のせいで幼馴染が事故にあったショックから声がでなくなる。

 母との関係がうまくいってない。メモ帳で筆談。

○ナオコ先生…「ひるの美容院」を経営。甘いものが大好き。髪を洗う手は、「天使の 手」。過去に悲しいことがありそうだが、記述はない。

○サワちゃん…「ひるの美容院」の見習い。ネイルなども習っており、トータルビュ  ティーを目指す。姉御肌。颯太の姉。

○颯太…サワちゃんの弟。塾をさぼり、姉を探してたどり着いた「ひるの美容院」でま ゆ子と出合う。まゆ子のリハビリに付き合う。

○古本屋のおじさん…ダジャレが大好き。

 

 

・子どもが声が出なく話って、結構見たことがあるような。この本は、母との関係はうまくいってないようだが、詳しく書かれていない。

・「ひるの美容院」での生活がメインのため、温かく読んでて重くなることはなかった。サワちゃんと颯太の関係も下手したら重くなるのに。

・ナオコ先生のキャラがいい。朝食は「しっかり、たっぷり」、この言葉いい!

・颯太は言葉遣いも行動もやんちゃだけど、まゆ子のリハビリに付き合ったり、仲直りする場面もよくて、いい子やー。 男→女の恋愛模様、やっぱりいいですね。

・美容院で髪を洗ってもらう、あの少しむずむずするけどリラックスできる。あの感覚が蘇る作品でした。